佐田整形外科

リウマチ科

リウマチ科

リウマチとは

主な症状として、⼿指、⼿⾸の痛みや腫れ、朝の⼿のこわばりなどがあり、膝や⾜趾の症状もあります。
男性より⼥性に多く、30代での発症も⾒られます。
また親族にリウマチの患者がいる場合、発症の可能性が⾼くなることも判っています。
現在では⾎液検査で簡単に診断がつき、有効な薬も多く出てきています。

早期発⾒・早期治療

リウマチは簡単な⾎液検査で診断をつけることが出来ます。
様々な症状があるため、どこの診療科かということより、関節リウマチ専⾨医に診てもらうことが望ましいとされています。
関節リウマチが原因で関節に症状が起きているとしたら、出来る限り早く治療を始めることが⼤切です。
関節リウマチは放っておけば治るというものではなく徐々に関節の障害が進んでしまう恐れがあります。

早期発⾒・早期治療

こんな症状で
お困りの方

  • 手・手首・指・その他多数の関節に生じる腫れ・痛み
  • 朝の手のこわばり
つま先、かかとの痛み
ひざの痛み
手の痛み
ひざの痛み

程度によっては福岡大学病院を紹介させて頂きます

地域の⾼度専⾨医療機関
との連携

当院ではリウマチに対する⼗分な知識・技術を持った医師が診療に当たっています。
リウマチの分野で経験豊富な福岡⼤学病院整形外科「関節リウマチグループ」との連携により、
福岡⼤学病院医師の診療を受けることが可能です。

曜⽇によって担当医師が変わります。詳しくは診察案内をご確認ください。

前山 彰
前山 彰
Akira Maeyama
所属 福岡大学病院整形外科 講師
  • 専門分野
  • 膝関節
  • 関節リウマチ
  • 変形性膝関節症
村岡 邦秀
村岡 邦秀
Kunihide Muraoka
所属 福岡大学病院整形外科 助教
  • 専門分野
  • 手の外科
  • 肘関節外科
  • 関節リウマチ