佐田整形外科

形成外科

形成外科

機能回復と QuaIity Of Life への貢献を目指して

形成外科は、先天的に、もしくは外傷や手術などで後天的に生じた体表面の変形・醜状・異常などに対して、
機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、生活の質"Quality of Life"の向上に貢献する、外科系の専門領域です。
対象とする領域は、頭部・顔面・体幹・四肢と全身の体表面をくまなく扱っており、顔面に関しては鼻骨や頬骨などの骨折も扱います。

整形外科との違い

整形外科は、骨・関節・筋肉などの連動器を扱います。
これに対して形成外科は、筋肉より浅い部分、つまり皮膚や皮下組織を主に扱います。
なお、骨の中でも整容的要素の強い顔面骨だけは、形成外科が扱います。

整形外科との違い

当院の特徴

福岡大学病院より派遣される形成外科医師が診療にあたります。
診察につきましては、紹介状がなくても受診していただけます。
基本的には局所麻酔下で治療・手術が可能な疾患を扱っていますが、術後管理の必要性から入院をお勧めすることもあります。
高度な専門性を必要とする疾患の場合には、福岡大学病院形成外科へ紹介させて頂きますので、まずはお気軽にご相談ください。

当院の特徴

こんな症状でお困りの方

程度によっては福岡大学病院を
紹介させて頂きます

  • 体表面のできもの
  • ほくろ、いぼ
  • わきがや多汗症
  • 眼瞼下垂症
  • 比較的軽微な先天奇形
    (副耳・副乳・臍ヘル二ア・陥没乳頭など)
  • やけど
  • すり傷、切り傷などの外傷
  • ケガや手術による傷あと
  • ケロイド
  • ひきつれ
  • 巻き爪
  • うおのめ
  • タコ

代表的疾患・症状

皮膚、皮下腫瘍
ひふ、ひかしゅよう
ほくろ、あざ、いぼなど皮膚表面に変化を生じるものや、皮膚の下に脂肪のかたまりなどにより皮膚が盛り上がっているものもあります。
また良性腫瘍と悪性腫瘍に分類されますので、早めの受診をお勧めします。
外傷、瘢痕
がいしょう、はんこん
けがなどで出来たすり傷 (皮膚がすりむけた状態)、切り傷 (鋭利なもので切れた状態)、
手術後の傷痕などの症状です。
眼瞼下垂
がんけんかすい
上まぶたが十分に上がらず、目が開きにくい状態のことです。
まぶたが重いなどと感じることがあり、日常生活に支障をきたします。
多くの場合は、加齢に伴って発症すると考えられています。

地域の高度専門医療機関との連携

当院では福岡大学病院をはじめとする様々な医療機関との連携を重視しています。

髙木 誠司
髙木 誠司
Satoshi Takagi

所属 福岡大学病院形成外科 准教授

※高木医師の診察日は水曜午前、土曜ですが毎週ではありません。
 診察をご希望の場合は事前にお問い合わせください。

福岡大学病院バナー